フォト

極楽写真館

  • 黒猫
    極楽絵師の目から 捕らえてた素敵なもの・モノ・物・者 ゲットしたら追加しますね
無料ブログはココログ

トップページ | 2006年2月 »

2006年1月28日 (土)

地上の楽園

ここのところ毎日のように同じビデオを何度もみてます

アメリカの現在90歳の絵本作家のターシャ・デューダのビデオです

彼女は絵本作家でもあるけれど

アメリカの田舎で一人 素敵な花々とコーギー犬のメギーや鳥達と

自然を大切にいつくしむように暮らしてる四季折々の生活を

淡々と撮影されたテレビ番組

彼女自身30年あまり手塩にかけて育てた庭園がとてもすばらしい

地上の楽園そのもの

何度見てもそのたびに感動し

あわただしい日常からタイムスリップしてます

彼女自身の生き方そのものが自然で力強くやさしい

憧れの生活です

デューダさんの関連本の情報です

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index%3Dbooks-jp%2526field-keywords%3D%25EF%25BE%2580%25EF%25BD%25B0%25EF%25BD%25BC%25EF%25BD%25AC%2526results-process%3Ddefault%2526dispatch%3Dsearch/ref%3Dpd%5Fsl%5Fov%5Ftops-5%5Fbooks-jp%5F12009556%5F1/250-9328812-9261802

2006年1月26日 (木)

乱歩地獄

ご幼少の頃から読み親しみ尊敬してる江戸川乱歩先生の

明智小五郎探偵のお話じゃなく

どちらかと言えば エログロ的なストーリー

『火星の運河』『鏡地獄』『芋虫』『蟲』

オムニバス映画である

主演も 浅野忠信 成宮寛貴 松田龍平と個性派揃い

浅野さんは相変わらず 摩訶不思議な存在感

成宮さんは こんなに美しかったのって思わせる美貌とエロス

松田龍平さんは どことなく父親のワイルドさを奥に秘め

ストイックなまでの繊細さを表現してくれてました

乱歩作品の中でも退廃的な美と醜 悪と狂 

極ちゃんが大好きな作品の数々

特に『芋虫』を読んだ時の なんとも言えない

戦慄と悪寒を今も強烈に覚えています

よくぞ 映像化してくれました

http://www.rampojigoku.com/top.html

2006年1月19日 (木)

SAYURI

話題のスピルバーグ映画見てきました

話題になってるけど 天邪鬼の極楽絵師は

まったく期待せずに映画館に足を運んだんですが

いや~映画っていいですね 良かった

主役のSAYURIはもちろん

渡辺謙 桃井かおり 豆葉役 SAYURIの子役 などなど

特に 初桃役のコン・リーの

悪態振りには ヒューザーの小嶋社長の悪代官 顔負け

もう 映画の最中にも 石でも投げたい気分を抑えつつ 

睨み付けてました

舞台の日本は やっぱ スピルバーグほか

アメリカの方が描く日本ですね

日本というより 上海か香港 エキゾチックではあるが

かなりの違和感だが それが かえって

創造の世界にテレポートできたかな?

ゲイシャガールも なんだかの違和感でしたよ(笑)

久々に映画館に行って良かったって思える作品でした

ラストシーンも 思わず目に涙

本当に映画っていいですね

極楽絵師もいつか 映画を作って 感動を伝えたいなあ

http://www.movies.co.jp/sayuri/

2006年1月13日 (金)

ディクシャ

今日は去年の11月末から2度目のディクシャ体験

ディクシャとは

極楽絵師はまだまだ初心者だから適当に伝えたら

間違ったことを伝えそうなので

中西ヒーリングの会 

http://nakanishi-healing.jp/index.html

にて調べてみて下さいね

伝授者は はんみちゃんこと瀬戸晴美さん

めちゃ素敵な方です

はんみちゃんのことは

http://plaza.rakuten.co.jp/hanmichanlove/

ディクシャで今日も元気な極楽絵師でした

明日も素敵な日になりそうな予感です

2006年1月11日 (水)

素質論

昨日 今日と 東京から

5~6年ぶりのお友達が遊びに来てました

本当に久しぶりだというのに お互いにちっとも変わらない姿に

驚くやら懐かしいやらで 時間なんて

すぐ埋められるもんですね~友達ってやっぱ良いですね

そんな友達の友達が 私が前から興味を持ってた

素質論のマスターさん

もう彼の博学振りには脱帽で もう逢った瞬間から

師匠と呼ばせてもらってます(笑)

そんなこんなで 極楽絵師は

素質論も勉強していく予定です

素質論は簡単に言うと生年月日で

あなたの素質がわかるというもの

似たような占いで一時はやった動物占いとか

ネットでなら 日本歴史占い

結構 当たりますよ

http://uranai.artisthouse.co.jp/

2006年1月10日 (火)

新春シャンソンショー

昨日 行ってきました

某所にて 

舵芽衣子ことジーコ内山さんの『新春シャンソンショー』

妖艶な魅力いっぱいの素敵なショータイムでした

まず クライ暗いくらい アニメが上映され

待望の舵芽衣子さんの登場~

久しぶり(2年ぶり)のワンマンショーに酔いしれ

マニアックなアニメの主題歌の上映会

締めは ヤンキー映画『特攻伝説』

もう 相変わらずの 舵芽衣子ワールドでした

行ってよかったです

またまた 上陸して下さいね

ジーコ内山さんのホームページ

http://zeeko.kt.fc2.com/

2006年1月 8日 (日)

David Bowie

今日はわが愛するBowie様の59回目の生誕祭

来年は日本で言う還暦です

でも相変わらず格好良いです いぶし銀の格好よさ

今日は今は亡きエルビスプレスリーの生誕祭でもあるんです

もし彼が生きてたらどんなおじいちゃまになってたのやら

二人のスーパースターが同じ日に生まれるなんて

なんだか素敵な偶然に思えます

今年は前から描きたかった私が影響受けた素敵な方々の

絵を制作したいと思ってて

一番にBowie様の肖像を描く予定です

今のBowie様も素敵なんですが

昔のグラムロック時代の眉毛なし真っ赤な髪の

ジギースターダスト時代の神々しいまでの

異性人のようないでたちのBowie様が大好きなんです

その線で描こうか クリムトのように昔と現在を

背中合わせに描こうか悩んでます

あまりにも素材が素敵なので あんまりいじれないかな?

でもめげずにチャレンジします

ブログ最初の投稿がBowieさまの生誕の日なんて

なんだか今年は素敵な年になりそうな予感

トップページ | 2006年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31