フォト

極楽写真館

  • 黒猫
    極楽絵師の目から 捕らえてた素敵なもの・モノ・物・者 ゲットしたら追加しますね
無料ブログはココログ

« 無為こそ過激「鳥肌実」 | トップページ | 孤高の詩人「ハリー」 »

2006年2月22日 (水)

太郎ちゃんの造形物

極楽写真館には

岡本太郎の元アトリエ(現岡本太郎記念館)での写真が

数点掲載されてます

岡本太郎と言えば一番有名なのが

1970年大阪万博での『太陽の塔』

今もすっくと立ってる姿は

太郎画伯がにやりと地上を見下ろしている様でもある

極楽絵師もご幼少の頃

この太陽の塔の中も体験しています

真っ赤な塔内には人類の進化のあかし

マンモスや恐竜そして哺乳類 ホモサピエンスまで

おどろおどろしいまでのオブジェが展示されていた記憶があります

そして万博会場には太郎画伯の手の形をした椅子

不思議な形の椅子などが 所々に展示されていたはず

小さいながらに その造形物のすごさに圧倒されてました

年月を経て改めて太郎画伯の作品の数々にふれ

彼は平面の作品よりも立体の作品の方がよりいっそう

岡本太郎らしさが表現されているんじゃないかと感じます

彼や彼の両親が眠る墓地には

向かい合うようにお墓が立てられていて

太郎画伯の墓にはむじゃきな姿の

『午後の日』という造形が両親と談笑しているようである

まだ墓地には行ってないが

そこにはあたたかい空気が流れていることでしょう

大好きな偉大なる芸術家 岡本太郎

「人生は、他人を負かすなんてケチくさい卑小なものじゃない」

そう自分を貫くことの尊さを身をもって教えてくれました

« 無為こそ過激「鳥肌実」 | トップページ | 孤高の詩人「ハリー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22110/791759

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎ちゃんの造形物:

« 無為こそ過激「鳥肌実」 | トップページ | 孤高の詩人「ハリー」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31